*ALWAYS memoir + plus*

pinboke_planet. Get yours at flagrantdisregard.com/flickr 《想い出作り??》‥わざわざ作らなくても‥何か心に残ったことが‥自然に《想い出》になるのですね。

2006/08/26

知らなかった大阪の歴史 [memo]


(写真原画は2006.8.10.撮影)

六稜・大阪学講座:北野高校にちなむ大阪の歴史
脇田 修(62期・大阪大学名誉教授/文学博士)より転載

第1話●「その昔、難波御堂に堂島に」
第2話●堂島界隈
第3話●常安町
第4話●北野
第5話●十三

http://www.rikuryo.or.jp/home/column/wakita/01.html

■内容の一例「梅田の伝承」
寛正2年(1462)寺領目録によりますと、「埋田之内、角田」という肩書の付いた田地があることです。現在の梅田は、元は埋田といったが、感じが良くないので、植物の梅に変えたという伝承がありますが、それを裏付けていますし、阪急電鉄本社のある角田町の地名の初見です。

大阪小景:森繁久弥(ガスビルの歴史)
校庭から見上げると、上の方に道路があり、チンチン電車が走っている。ぶら下がった看板には中津(なかつ)と書いてあった。

http://www.osakagas.co.jp/gasbuil/leaflet2/hito07.htm

(おまけVIDEO)
Umeda (Osaka)
http://www.youtube.com/watch?v=DEefWCY0Xk0&mode=related&search=
Hankyu very much
http://www.youtube.com/watch?v=ChrIhLupaJ0

3 Comments:

At 8/27/2006 12:59 PM, Anonymous H.S said...

メールサンキュー
秋間平安さん(8/11脳梗塞で入院)には 9月のハンド創部65周年総会では 会えないかも知れませんね。
ところで このブログも 楽しみに見ています。

 
At 8/27/2006 1:52 PM, Blogger enethan_fan said...

ありがとうございます。
秋間平安さんについては、姉がこのブログで彼のことを知り、推理小説は好きなので『漫才師殺人事件』ほか二冊とも読みたいと電話がありました。彼に依頼するとサイン入りの著書と手紙を送ってくれたそうです。
やがて、十三が舞台の『漫才師殺人事件』は面白いが『破れた消幕』は登場人物が多て・・・と言ってきたので、テレビドラマ化されたビデオを送りました。6月頃だったと思いますが、そう言えばそのときに、手がしびれると言っていました。第4作がいつか読めるといいのですが。

 
At 8/27/2006 6:38 PM, Blogger ゴリモン said...

当たり前なんですけど、
その土地の歴史を一番端的に説明しているものって地名ですね。
「茶屋町」にしろ「埋田→梅田」にしろホンマそう思います。

 

Post a Comment

<< Home

メールサンキュー
秋間平安さん(8/11脳梗塞で入院)には 9月のハンド創部65周年総会では 会えないかも知れませんね。
ところで このブログも 楽しみに見ています。

By Anonymous H.S, at 8/27/2006 12:59 PM  

ありがとうございます。
秋間平安さんについては、姉がこのブログで彼のことを知り、推理小説は好きなので『漫才師殺人事件』ほか二冊とも読みたいと電話がありました。彼に依頼するとサイン入りの著書と手紙を送ってくれたそうです。
やがて、十三が舞台の『漫才師殺人事件』は面白いが『破れた消幕』は登場人物が多て・・・と言ってきたので、テレビドラマ化されたビデオを送りました。6月頃だったと思いますが、そう言えばそのときに、手がしびれると言っていました。第4作がいつか読めるといいのですが。

By Blogger enethan_fan, at 8/27/2006 1:52 PM  

当たり前なんですけど、
その土地の歴史を一番端的に説明しているものって地名ですね。
「茶屋町」にしろ「埋田→梅田」にしろホンマそう思います。

By Blogger ゴリモン, at 8/27/2006 6:38 PM